スポンサーサイト

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告
Comment(-)

Hounds キャンセルと書き換えとその対策 PvP

2014.05.30 20:03

SGとGLだけでも悩みの種なのに、キャンセル撃ちや威力書き換えが横行していていよいよクソゲーへ。現状のHoundsのPvPに温まってる人に向けたリストを書きます。

キャンセル撃ちとは:1発撃って1→E→1とやることで次の弾を発射させるまでにかかるディレイを消すことが出来る。つまり、MSRやGL,SGを連射させることが出来る。スタミナを使わない「W押したまま1→E→Ctrl」といったキャンセル撃ちもある(この手法はGLは出来ない)。他にも高速連射が可能なやり方もあるらしい..詳しいやり方は分からないけど。

威力書き換え:発射とほぼ同時くらいの速さで1→E→shift→1と入力することで、発射時の弾にもう一つの武器の威力を乗せることが出来る。SG(ショットガン)とMSR(マニュアルスナイパーライフル)でやれば、SGの6発全弾にMSRの威力を乗せることが出来る為、かすっただけでもダウン確定になる。GL(グレラン)とMSRの場合は、GLの威力+MSRの威力になる為、確定ダウンもしくは即死になる。

(※入力のタイミングとしては、1を押した直後に左クリックをする感覚でやると上手くいきやすい)


キャンセル撃ちの利点
・ASG(オートショットガン)が必要ない
・MSG(マニュアルショットガン)で連射出来る
・グレラン連射でダウン→とどめまで簡単にいける
・スキルを使わなくても通常弾だけで戦える

威力書き換えの利点
・SG+MSR、GL+MSRで確殺
・かすヒットでも確定ダウン
・課金武器が必要ない
・スキルを使わなくてもOK



まず最初に>>キャンセルや書き換えに対する自分の意見

それで、これの使用者に対する自分なりの対策のやり方(デスマ限定)↓

■まずは慎重に
リスポン地点を出た瞬間から緊張感を持って行動する

■SMG,SR,ARが相対的に強化
キャンセル、書き換え常用者が増えたことでサブマシンガン、スナイパーライフル、アサルトライフルの強さが相対的にアップしたように感じる。まず、大前提として、キャンセル撃ちや書き換え撃ちの常用者は自分に絶対の自信を持っている。当然、撃ち合いになればワンショットで相手を確殺出来る訳だから、行動が図太くなる。

だから、立ち回りに慎重さの欠片もないプレイヤーが多い。自分の圧倒的パワーを解き放ちたくて仕方がないんだと思う。そういう大胆不敵な敵には、SMGやARのDOTダメで嫌がらせをすると勝手に死んでくれる。(ARやSMGは集中力を高めることで集弾が良くなるので、中~遠距離でも火力を出せる)

キャンセル撃ちや書き換え常用者は近~中距離での戦いしか考えてないし、武器の構成もあって中~遠距離の戦いが本当に苦手。だから、対策としてARやMSRが個人的にお勧めです。AIM練習が必須になるのがネックかな。自分もまだまだです。

■EPMが超有効
本当に有効です。EPM に不慣れな人も多いし、弾撃てないのに一生懸命キャンセルして届かないナイフを振り回します。

■取りあえず盾と突進で
無難な対策だと思う。これで普通にボコれば良いじゃないですか。


これだけでもけっこう変わるはず。お互いにAIM練習していきましょう。
※SMGやARを使う場合、ハイエンドだと最低でも+5以上の強化が望ましいです!ユニークやレジェンドであれば+4か5くらいまでOKです。
スポンサーサイト

Category: Hounds
Comment(0)

【Hounds攻略】勝てない人の為の指南書【PvP】

2014.02.19 16:55

2月から始まったHoundsの対人(PvP)において、負ける理由を「セントリーガン」や「爆発弾ガトリング」または「凸(格闘)」に押し付ける人があまりにも多い。たとえチーム戦であっても負ける理由は少なからず自分にあるのであって、メタが煮詰まっていない今の環境であれば、自分の動き次第で勝ちに持っていくことは十分に可能です。

そこで、初心者の人が見落としがちなポイントをまとめてみました。
詳細は面倒なので要点だけまとめています。これらを意識するだけで全然違うはずです。

※デスマ限定の内容です


■勝ちたいのか暴れたいのかハッキリさせる
要はチームプレイ重視か個人プレイ重視か。
他人と協力することが苦手な人は、「味方を上手く利用する」ことを意識してみましょう。

■まずは死なないことを意識する
「1人倒して1回死ぬ」これじゃゲームは動いていない。
K/D(キルデス率)を上げることでチームに貢献できる。

■逃げや攻めにはスライディングで
スライディングは、shiftキーを押した後にctrlキーを押すと出来ます。

■スキル構成はシンプルに
移動時のshiftとalt、接近戦時のEとF、スキル使用時のF1~F4、武器の持ち替え1~3、マウスマクロを使ってもカバーは難しいです。ボタン操作が意外と忙しいので、スキル構成は必要最低限にして手元の操作をなるべく簡単にしましょう。

■グレは強い
癖があって扱い辛いですが、普通に強いです。直撃時の即死は強力です。

■SMGやグレネードランチャー、その他の武器も強い
シールドピストルやライフル・ガトリングが鉄板な訳ではありません。武器を扱うにあたっての考え方が変わるだけです。

■援護の感知器は上手く利用しよう
私的に、凸と感知器がゲームの流れを大きく左右していると考えています。
敵の位置が分かれば立ち回りで常に優位に立つことが出来ます。感知器は常に役に立つので、上手く利用しましょう。

■投げに自信がない人はまずナイフで
ナイフの方が投げよりも判定が強いです。ナイフで切った後に落ち着いて確殺するのも一手です。

■スタミナ管理はしっかりと
土壇場のところでナイフや投げが出ずに悔しい思いをした人もいると思います。
スタミナ管理はしっかりと行って下さい。

■怪しい場所にはいかない
ミニマップがない以上、敵がいるかいないか分からない場所には近づかない方が賢明です。
援護の感知器や味方の配置を見てから行動しましょう。

■盾には構わない、ガトリングとは撃ち合わない
敵が盾で格闘無敵を付けて突っ込んできたら大人しく下がりましょう。大丈夫、死にません。
ガトリングと撃ち合う場合は必ず先手を取ることが大切です。


このくらいですかね。意識するだけで全然違うはずです。

Category: Hounds
Comment(0)

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。